FACTORY 中国工場の役割

確かな鋼材とスピードで、大量受注にもしっかり対応。
  • 量産品の需要に強みを発揮

    オーサカステンレスでは、お客様のご要望にいち早くお応えするため提携工場(OS Works)を国内に多数抱えていますが、中国福建省に切削加工専門の量産加工工場「矢賀金属制品有限公司」を設立しております。主にフライス加工、旋盤加工、ワイヤーカットを中心に手掛け、加工費を抑えた量産品の需要に強みを発揮します。

  • 徹底した検査を実施

    「矢賀金属制品有限公司」で扱う鋼材(日本から支給する鋼材に対して)は、出荷前に国内の PMI 検査(材質検査)に合格した鋼材のみを中国工場に届け、現地から出荷する前に製品検査を行います。さらに加工した製品を国内にて受入最終検査(再PMI検査)を行った後、お客様へご注文の製品をお届けいたします。

  • 日本から中国工場への流れ

    中国工場では、ステンレスや鉄など、加工が比較的容易な鋼材を利用した量産品、機械部品を製作しております。品質に関しては、中国でも検査機を使用して検査を実施しているほか、国内でも出荷前に最終検査・洗浄を行っておりますので、低価格で高品質な製品をお客様のお手元にお届けいたします。

  • 設備
    工作機械
    NC旋盤 3台
    転造盤 2台
    面取盤 8台
    ボール盤 7台
    ワイヤーカット 1台
    放電 2台
    帯ノコ 1台
    丸ノコ 1台
    フライス盤 2台
    マシニングセンター 1台
    超音波洗浄機 2台
    バレル研磨 1台