QUALITY CONTROL 品質管理について

ISO9001 認証所得による万全の検査体制で「異材ゼロ」・「徹底したクオリティコントロール」の実現に努めます。
オーサカステンレスでは「異材ゼロ(※)」を合い言葉に、 国際規格であるISO9001認証を取得し、PMI検査( 材質検査 )からご注文品のサイズチェックまで、独自の加工業務管理規定・各手順書を設け、不良品の早期発見に対して万全の体制を強いております。複雑な工程を必要とする製品では、製作の途中段階で問題がないか寸法や形状の検査を実施します 。社内でも毎朝のミーティングで工程の進捗報告や検査状況、他部署とのコミュニケーションを通じて品質維持への意識を高め、少しでも不良品を減らせるよう努めております。

特殊な使用条件下で利用されることが多い高密度のニッケル合金を用いた加工製品は、異材が原因となり大事故を招くケースもあります。そのようなミスを絶対に起こさないためにも、入荷・出荷前の検査を徹底し、お客様の元へ安心かつ高品質な製品をお届けいたします。
また、各製品の検査記録は一定期間、全て保存しておりますので、検査表や証明書を提出することも可能です。ご希望される方は ご注文時、お気軽にご連絡くださいませ。

※異材…ご指定と違う鋼材を扱うこと
  • 検査機器詳細 鋼材の成分を調査するPMI検査機から加工品の精度(誤差)を計測する精密測定器

  • 検査の流れ 当社が行う検査の流れについてご説明いたします。